歯ブラシと歯磨き粉のおすすめを紹介!

こんにちはクマ(@kumarublog)です!

はちみつ食べるからしっかり歯磨きが欠かせない。

虫歯や歯周病などになると、食事も楽しくなくなりますよね。

そこで虫歯や歯周病にならないための方法を紹介します。

クマがおすすめするオーラルケア商品を紹介します。

歯磨きの必要性

歯磨きをしないと虫歯になったり、歯周病になったりします。

口内では常に、虫歯菌と歯周病菌の領土争いが常にあるからです。そしてシェアを奪い勝った方の病気になります。

それらを防ぐために歯磨きが必要になってきます。

忘れがちなのが歯茎ですが、歯茎もブラッシングしないと弱ってきます。

特に歯と歯茎の間は、歯周ポケットがあるのでしっかりケアしましょう

プラーク退治

プラークとはバイオフィルムとも呼ばれていますが歯垢です。

プラークとは歯の表面にあるネバネバした細菌のことです。

このプラークの中には1gの中に1、000億個の細菌がいるといわれています。

プラークを放っておくと、虫歯や歯周病になってしまいます。

その為歯磨きではプラークを除去する事が大切なのです。

歯周ポケットを意識しつつしっかりと、プラークを除去する必要があります。

歯ブラシについて

歯ブラシの選び方や交換の時期などを紹介していきます。

勿論好みなどもあるでしょうが、クマ的にコスパがよくおすすめの歯ブラシを紹介します。

歯ブラシの交換時期

歯ブラシの交換についてどんなタイミングで交換していますか?

一番多いと思われるのは、歯ブラシの毛先が広がってダメになったら交換する。

これは間違えです。

歯ブラシの毛数が減ったりすることでプラーク除去能力が低くなります。

歯ブラシの弾力が無くなれば歯や歯茎などを傷つけます。

歯ブラシにも菌が付着しているためあまりにも古いと歯ブラシの方が菌だらけになっています。

歯ブラシは月1で交換しましょう。

歯ブラシの選び方!

自分のブラシ圧に合った歯ブラシの硬さを選びましょう。

自分のブラシ圧が分からなかったりしたら、歯科医院に行けば歯科衛生士が教えてくれます。

一般的には普通がおすすめされています。

やわらかめ

これはブラッシング圧が強い方や歯茎の炎症などを起こしている方用です。

歯磨き時間が長めの方などに向いています。

ふつう

これはブラッシング圧が普通の方が使う用です。

基本はこれかやわらかめになります。

かため

これはブラッシング圧が弱い方用もしくは自分でコントロール出来る方用になります。

かなりブラッシング圧が弱い方以外は使わないと思います。

歯茎が炎症などを起こしている方は間違って使うと、痛い目をみるので注意が必要です。

タフト24

株式会社オーラルケアが販売している歯ブラシです。

PBT素材を使っているので、一般の歯ブラシより吸水率が低いため強い弾力をキープできています。その為一か月程度ならPBT素材のおかげで、それなりの弾力を維持できています。

歯ブラシの毛の密度が多いためプラークを効果的に除去できます。

毛先が滑らかになっており、歯や歯茎を傷つけにくい仕様となっています。

ルシェロ 歯ブラシ

株式会社ジーシーが販売している歯ブラシです。

刷掃効果の高いラウンド毛を段差植毛しているため、奥歯がとても磨きやすい歯ブラシです。

ヘッドも小さめなので使いやすくなっています。

ネット通販やLOFTなどで買える

どちらの商品もドラッグストアなどでは売っていません。歯科医院やLOFT、東急ハンズなどで売っています。

インターネット通販だとAmazonや楽天などでも購入できるのでおすすめです。

歯磨き粉の選び方

フッ素濃度が950ppm以上であり低研磨性で低発泡性が良いですが、自分が一番楽しく磨ける歯磨き粉がいいかもしれません。苦手な味などでは歯磨きが楽しくなくなり、あまり磨かないのでは本末転倒になってしまいます。

コスパ最強の歯磨き粉【Check-Up standard】

ライオン歯科材株式会社が発売している歯磨き粉です。

歯磨き粉としての性能が良く、コストパフォーマンスにも優れているためとても使いやすい歯磨き粉です。

国内最高濃度のフッ素1,450ppm

2017年までは1,000ppmが上限でしたが、2017年3月に1,500ppmを上限とする高濃度フッ素配合の歯磨き粉が許可されました。

950ppmの旧バージョンあり買う際にはチェックしておきたいポイントです。

歯や歯茎に優しい低研磨性

研磨剤が多く含まれている歯磨き粉は歯のエナメル質を削りすぎてしまうため、低研磨性などの方がおすすめです。

Check-Up standardは低研磨性の無水ケイ酸Aを使っています。

しっかり磨ける低発泡性

発泡剤が多い製品などは口の中が泡立ってしまい、実際は磨けていなくても磨いた気分を感じてしまうため磨き残しがあったりします。

Check-Up standardは低発泡性なので口の中に泡が出来にくくしっかりと歯を磨く事が出来ます。

低発泡性のため少量の水で1回すすぐだけで大丈夫です。

ネット通販やLOFTで買える!

Check-Up standardもドラッグストアでは手に入りません。

近くの歯科医院やLOFT、東急ハンズなどで売っています。

インターネット通販だとAmazonや楽天などでも購入できるためおすすめです。

フロスもあるよ

ブラッシング(歯磨き)だけでは歯と歯の間のプラークは約60%前後しか除去できません。

これにフロスを使う事によって、約80%前後までプラークを除去できます。

フロスを使うだけで約20%もプラークを除去できるので、積極的に使っていきたいですね。

ルシェロ フロス

株式会社ジーシーが販売しているフロスです。

髪の毛の約1/100の細さのマイクロファイバーを使用しているため、歯と歯の間の隙間に入りやすくなります。

歯と歯の間が狭くても使いやすいように、ワックスコーティングしているため無理なく入れやすくなっています。

ワックスコーティングしていないバージョンも売っているので注意してください。

ネット通販やLOFTなどで買える

売ってる場所は歯科医院、LOFT、東急ハンズなどにもあるようです。

インターネット通販だとAmazonや楽天などで、200Mの大容量タイプも購入できるためおすすめです。

Y字タイプ

糸だけのフロスが苦手な方などは奥歯と奥歯の間にも使いやすい、Y字タイプがおすすめです。

クリニカアドバンテージ デンタルフロス Y字タイプやライオン DENT.EX ウルトラフロスなどが良いと思います。

マウスウォッシュ

虫歯や歯周病の予防、口臭予防などで使うのがマウスウォッシュです。

使い方としては就寝前などがメインの使い方になります。

コンクールF

ウエルテック株式会社が販売している薬用タイプのマウスウォッシュです。

高い殺菌力のあるグルコン酸クロルヘキシジンの配合により、最大12時間の間効果が持続します。

味はマイルドミントですので、ミント味が苦手な方でも使いやすいと思います。

コンクールFは使用後に水でゆすぐ必要はありません。

コンクールFは濃縮タイプのマウスウォッシュなので、1本で360回~700回分使用できます。

ネット通販やLOFTなどで買える

一般的なドラッグストアでは売っていません。

近くの歯科医院、LOFT、東急ハンズなどで売っています。

インターネット通販だとAmazonや楽天などでも購入できるのでおすすめです。

まとめ

クマがおすすめするオーラルケア商品を紹介しましたが、今回紹介した商品はドラッグストアで売っていないものが多いです。

インターネット通販だと手軽に全部購入できるのでおすすめです。

どれもクマが良く使うものですが、個人の好みに合った物の方が歯磨きが楽しくなると思うのでぜひ自分好みの物を探してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました