インフルエンザ大流行!ワクチンは2回必要?

毎年やってくるインフルエンザについて調べてみました。

インフルエンザについて

インフルエンザとは

インフルエンザは、インフルエンザウイルスに感染することによって起こる病気です。

インフルエンザウイルスは,その核タンパクおよび基質タンパクによってA型,B型,C型に分類される。

38℃以上の発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛、全身倦怠感等の症状が比較的急速に現れるのが特徴です。併せて普通の風邪と同じように、のどの痛み、鼻汁、咳等の症状も見られます。

子様ではまれに急性脳症を、御高齢の方や免疫力の低下している方では肺炎を伴う等、重症になることがあります。

思っていたより重症になる可能性もあるので、しっかりと対策をしていきたいですね。

ワクチン接種 と予防

ワクチンの予約と接種

大体9月から予約が出来るみたいなので、電話して予約出来ます。

予約してもワクチンの接種は10月1日からになります。

13歳未満の子供は2回の接種が必要です。

13歳以上でも人によっては、2回の接種が必要になったりするので病院で確認をしてください。

予防接種しても効果が出るまで、 1ヶ月前後かかります。

ワクチンの有効期限は5ヶ月程なので、抗体が出来ていれば1回の接種でシーズンを乗り切れそうです。

予防接種しても100%防げるわけではありませんが、ある程度の発病や症状が重くなるのを阻止できます。

またワクチンも無限にあるわけでは無いので確認しておきましょう。

それまでは予防などをしっかりやっておきましょう。

接種費用はいくら?

インフルエンザワクチンの接種は、保険適用外になります。

予防接種法に基づく定期接種の対象者等については、接種費用が市区町村によって公費負担されているところもあるようです 。

市区町村や保険組合によっては、独自の助成事業を行っている場合もあります。

接種費用は、1回につき平均で3,000円~5,000円程度です。

インフルエンザの予防

帰宅後の流水や石鹸による手洗いはインフルエンザウイルスを物理的に除去できます。

水だけの手洗いでも効果があるなら、面倒でもやりたいですね。

勿論アルコール消毒も有用です。

空気が乾燥するとインフルエンザにかかりやすくなります。

室内などでは加湿器等を使って50%~60%の湿度を保つと効果的です。

加湿器の種類によっては、50%とか分からないので、乾燥しないように気をつけたいですね。

外出時などはマスクをして、 飛沫感染等を防ぐのも良さそうです。

後は十分な休養とバランスの取れた食事を心がけましょう。

まとめ

インフルエンザは風邪よりも悪質です。

外出時にはなるべくマスクを着用し、帰宅後の手洗いはしっかりとしましょう。

部屋が乾燥しないように加湿器も忘れずに使いましょう。

予防接種さえしてしまえば、脅威はかなり下がるので予防接種が一番重要ですね。

対策としては普通の風邪と同じような感じになりますね。

しっかり対策してインフルエンザを予防しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました