アマニは女性におすすめ!

アマニとは

亜麻の種子のアマニは紀元前から食べられている食材でもあります。

日本では食用に開発されたゴールデン種が主に輸入されています。

α-リノレン酸は動脈硬化、糖尿病、血圧を下げるほか生活習慣病などの発生を抑制する効果があります。

アマニの健康

日本ではアマニに含まれるαリノレン酸はコレステロールの抑制作用や血圧の抑制の健康効果の表示が許可されています。

アメリカでは脳の健康や心臓疾患のリスク軽減の健康効果表示が許可されています。

n-3系脂肪酸がたっぷり

魚以外でn-3系脂肪酸を十分に摂取できる食品は少ないが、アマニはn-3系脂肪酸を摂取できる。

油系に多いn-6系脂肪酸を摂取しすぎると炎症などを引き起こすが、n-3系はそれらを防ぐ効果がある。

リグナン

ゴ抗酸化作用を持つポリフェノールの1種でもあるリグナン

大豆イソフラボンなどと同じでエストロゲンに似た構造をしているポリフェノールです。

女性ホルモンとのように働くことから女性特有の不調の改善が期待できます。

粒や粉末でないとリグナン、タンパク質、食物繊維の効果が得られません。

オイルにする過程でこれらの成分が除去されてしまうためです。

他にも動脈硬化予防、更年期症状の軽減、内臓脂肪を減らす、骨粗しょう症予防などにも効果があります。

ホットフラッシュなどの更年期症状改善

ホットフラッシュとは、更年期症状の代表的な症状で発汗、のぼせ、ほてりなどになります。

1日約40gのアマニを摂取すれば、ホルモン補充療法と同程度の減少が効果があります。

内臓脂肪減少

リグナンは体内で糖質など脂肪酸の合成を遅らせ分解を促進している。

その結果内臓脂肪が減少します。

腸活に良い食物繊維

摂取しにくい水溶性食物繊維と不溶性食物繊維が豊富に入っている。

その量はゴマの約2倍でありタンパク質も豊富です。

最近話題の水溶性食物繊維は腸内細菌の餌になるため、少量のアマニでも摂取すればかなりの摂取不足を補えます。

目安摂取量

アマニ粒とアマニ粉末は1日約大さじ2杯となります。

食物繊維やリグナンを摂取するならアマニ粒かアマニ粉末になります。

アマニ粒は少し大きめのゴマ位のサイズで、一番酸化しにくいです。

アマニ粉末は栄養素の吸収が良いのですが、空気に触れるため酸化しやすいです。

しっかりと空気を抜いて保存し早めに使い切るのが良さそうです。

オイルだと小さじ1杯でn-3系脂肪酸などを摂取出来ます。

手軽に使いやすいですが、リグナンや食物繊維が摂取出来ないので注意が必要です。

オイルは酸化しやすいため、密封し冷蔵庫保存などがおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました