酢酸を作って健康に!凄いぞビフィズス菌!

今日はビフィズス菌のお話です。

短鎖脂肪酸

酪酸、酢酸、プロピオン酸などの短鎖脂肪酸です。短鎖脂肪酸は善玉菌の一つ、ビフィズス菌などによる発酵によってつくられます。

短鎖脂肪酸が不足すると大腸のバリア機能が低下することにより、大腸の中を移動する便から直接病原菌が侵入しやすくなるため病気になる確率が増えます。

短鎖脂肪酸は、レジスタントスターチ(難消化性炭水化物)を腸内細菌が分解することにより産生されるため、食物繊維の摂取が重要です。

ビフィズス菌

乳酸菌の一種で主に人間や動物の腸内に存在する代表的な善玉菌です。

ビフィズス菌は乳酸菌と違い空気に弱いのです。その為酵素の無い大腸が生息域になります。ビフィズス菌は発酵性食物繊維を摂取することで増えます。

一番効果的なのはプロバイオティクス系のヨーグルトやサプリなどのビフィズス菌を摂取する事ですが、その摂取したプロバイオティクスビフィズス菌がそのまま定着するわけではありません。ですが大腸内にいるビフィズス菌が増えやすい環境になるので効果的です。

プロバイオティクス菌の中にはアレルギーを抑制、ストレスを軽減、認知機能の改善など特有の機能を持つ菌もいます。

ヨーグルトの中にはビフィズス菌が入っていない物もあるため注意が必要です。

プロバイオティクス

プロバイオティクスとは、腸内細菌叢(フローラ)を改善することによって宿主に有益な作用をもたらす経口摂取可能な生きた微生物である。

プロバイオティクスの条件は、プロバイオティクス自体の安全性が十分であり腸内フローラの一員であること、腸内に到達できること、腸内に付着し、増殖できること、食品の形態を保ち、有効な菌数が維持されていること、安価で容易に取り扱えることなどが求められます。

ビフィズス菌のメリット

ビフィズス菌は乳酸や酪酸を沢山作ります。その結果大腸粘膜の血流を高めたり蠕動運動を動かす刺激となります。

ビフィズス菌が作る酪酸は殺菌力が強く、腸内環境を悪化させる菌や大腸菌などの住みにくい環境を作ります。

大腸菌を保護している粘液分泌を促したりして、有害物質が体内へと侵入してくるのを防ぎます。

ビフィズス菌には腸内で酪酸を増えやすくするため、アレルギーなどを抑制する働きが期待できます。

腸内にビフィズス菌が多いと抗体を作る力が強く、感染に対する免疫反応が強くなります。

ビフィズス菌による認知症機能の改善も示唆されています。

まとめ

日頃から食物繊維を摂取しつつ、たまにプロバイオティクスビフィズス菌を摂取していれば大丈夫ですね。

予防接種などを受ける時には プロバイオティクスビフィズス菌入りのヨーグルトなどを食べてからにしたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました