イヌリンは発酵性!第二の脳を活発に!

日本人には不足している人が多い食物繊維のお話です。

今日は食物繊維の中でも、今注目されているイヌリンについて紹介します。

食物繊維

腸は第2の脳と呼ばれるほど重要な臓器です。

食物繊維は加糖などの糖やオリゴ糖がいくつもつながった、人が持つ消化酵素では消化吸収できない糖の塊です。食物繊維が不足すると、腸内環境はどんどん悪化してしまいます。腸内環境が劣化することで、整腸効果、血糖値上昇、血液中のコレステロールの上昇、糖尿病、大腸がん、などにかかりやすくなります。

発酵性食物繊維

発酵性食物繊維は、腸に棲む善玉菌のエサとなって腸内で発酵し短鎖脂肪酸を発生させます。腸内で善玉菌が働き発酵すると短鎖脂肪酸が生まれます。発酵性食物繊維とはイヌリン、ルクタン、β-グルカンなどの水溶性食物繊維になります。

水溶性食物繊維

水に溶けて粘性のあるゲル状になる食物繊維です。主に芋類、果物、海藻類、麦類、野菜類などになります。

小腸での栄養素の消化吸収を抑えて遅らせます。特定保健用食品や機能性表示食品などに使われています。

特にスーパー大麦は食物繊維の質と量に優れているのでおすすめです。

非発酵性食物繊維

非発酵性食物繊維とは腸内細菌で、消費出来ない食物繊維のことです。

腸内細菌で消費出来ないため、腸内細菌の餌にはなりません。

不溶性食物繊維

水に溶けないキチン、セルロースなどになります。腸の運動を盛んにして、お通じを促します。消化管内で水分やコレステロールなども一緒に排出する為、特定保健用食品でも使われています。

イヌリンとは?

イヌリンとは加糖が沢山重なっている食物繊維です。玉ねぎ、にんにく、ゴボウ、ニラ、キクイモなどに含まれています。特にチコリの根やキクイモなどのキク科植物の塊茎に多く含まれます。

イヌリンは短鎖脂肪酸の生産量が食物繊維の中では多い方です。

小さな糖が沢山集まって出来た大きなイヌリンは腸の中をゆっくり移動します。

ゆっくり移動しつつ大きいため、徐々に分解や発酵されていき腸全体に届きます。その為短鎖脂肪酸を作る菌が住みやすくなり有害物質を発生させる菌の増殖を減らします。イヌリンはビフィズス菌やアナエロスティペス菌を増やしピロフィラ菌の発生を減らします。

まとめ

イヌリンのような発酵系食物繊維をダイエット冷え性の改善などの効果も期待できます。

意識しないと不足しがちな食物繊維をしっかり摂取して健康な毎日を目指したいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました