自転車の防犯登録!期限はいつまでなの?

あると便利な移動手段なのが自転車です。

ちょっとそこまで、の移動を楽にしてくれます。

そんな自転車の防犯登録は有効期限があるって知ってましたか?

今日は防犯登録の有効期限を紹介します。

防犯登録

法律により【防犯登録を受けなければならい】と義務化されています。

義務化されていますが罰則規定は無いため、防犯登録をしていない人もいると思います。

手続きはどこで?

防犯登録するには自転車防犯登録所の看板があるお店で登録できます。

自転車購入店が自転車防犯登録所を兼ねていればそのままで来ます。

基本的には自転車を購入できるお店は、自転車防犯登録所もやっている事が多いでその場で登録できると思います。

購入店でそのまま防犯登録をするなら、必要な物は登録する本人の居住を確認できる公的機関発行の身分証500円~600円(登録先の都道府県によって違う)になります。

登録カードお客様控は抹消登録、譲渡証明書、 盗難被害の届出などで必要になります。

登録カードお客様控はしっかりと保管しておきましょう。

インターネットで購入は?

何でも買えるインターネットでは、自転車だって買えますよね。

インターネットで購入した自転車には、購入先では防犯登録出来ません。

その為に近くの自転車防犯登録所で登録しなければなりません。

自転車防犯登録所を兼ねているお店で自転車を買った場合と違い必要な物があります。

自転車本体と登録する本人の居住を確認できる公的機関発行の身分証500円~600円(登録先の都道府県によって違う) ここまでは同じです。

外国国籍の方は外国人登録証明書も必要になりますので忘れないようにして下さい。

他には保証書または販売証明書(販売店名・商品名・車体番号などが全て明記されているもの)の提示が必要となります。

友達から貰ったや個人売買は?

これも自転車防犯登録所で防犯登録をします。

前所有者の番号で名義変更出来ないため、新しい番号で登録する必要があります。

登録時に必要な物は、インターネットで購入と基本的には同じです。

特別に譲渡証明書が必要になるので、前所有者に記入してもらいましょう。

盗難やいたずらで剥がされた場合は?

シールを剥がされてしまった場合は、もう一度自転車防犯登録所で登録する必要があります。

防犯登録に使われているシールは再発効出来ないからです。

必要な物は自転車本体と登録者する本人の居住の確認ができる公的機関発行の身分証500円~600円(登録先の都道府県によって違う) になります。

抹消登録

廃車にする場合や譲渡する場合などに登録を抹消するのに必要な物です。

自転車本体
公的機関発行の身分証明証
外国国籍の方は外国人登録証明書をご提示ください。
登録カードお客様控

有効範囲

防犯登録をすれば日本中有効ではありません。

各都道府県単位で運営されています。各都道府県警察で登録されている所有者情報は全国で共有されておりません。

照会の返答に時間がかかったりしますが、まったく出来ない訳ではありません。

利用する都道府県で登録するのが一番ですね。

有効期限は?

各都道府県単位で運営されているため、各都道府県単位で違います。

東京だと10年になります。

他の地域では大体7年か10年が平均的になります。

一部無期限?と思われる都道府県もあるので各自でチェックしてください。

有効期限が経過するとデータが抹消され無登録になってしまうので、自転車防犯登録所に行きまた登録しましょう。

防犯登録が無登録だと、自分の物だと証明するのが大変になります。

まとめ

自分の住んでいる都道府県の有効期限をチェックして、しっかりと登録しておきましょう。

特に知人から貰った自転車などは、防犯登録をしていないケースも結構あると思うのでしっかりとしておきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました